« ホンダ・アクティに、増大くんを施工しました。 | トップページ | ミツビシ・ブラボーU41Vに、増大くんを設置しました。 »

2008年7月11日 (金)

ダイハツ・アトレーS220Vに、増大くんを施工しました。

ダイハツ・アトレーS220Vに、増大くんを施工しました。
P1050180

エンジンはEF-DET、4WDターボ・4ATの車です。
最近、家の前の坂道を登る時に、白い煙が出る時があるそうです。
タービンシャフトのOILシールが怪しいですね!

gawk「調子が良くなるなら、取り付けて!」
gawk「燃費は、測ったことが無いから、分かんない!」
(気候が良い為でしょうか?私んちのお客さん、こんなんばっかり!)coldsweats02

増大くん取り付けでトルクが太り、少ないアクセル開度で過給圧が抑えられれば、シールからのOIL漏れも少なく出来、白い煙も少なく出来るかも?chick
燃焼室に入ったOILは、増大くんの力で完全燃焼してくれるかも?chick
燃費を良くする増大くんですが、
ちょっと方向が違ってきたかも?chick(鴨)coldsweats01

P1050186
エンジンルームは、座席の下です。
エアクリBOXは右側、助手席から撮影、下が前になります。
燃焼室までの距離が長~い!
P1050182
こちらは、運転席下です。
P1050187
こちらは、2次側になるカバーの部分です。
外周部に、OILが付着しています。
P1050188
エアーエレメントには、OILの付着はありません。
P1050189
こちらが、1次側、右下の真下から吸気されます。
エアークリーナーの一番低い所になる為か、OILが垂れています。
P1050190
BOX内を綺麗にして、先ずはPWP貼り付け。
P1050191
吸気入り口真上に、Ver2.0積層5段MAX、空気の流れを考えて斜めに取り付ける為、ずらして積層にしています。
P1050194
こんな感じで取り付けました。
P1050195
後は、積層5段MAX、ノーマルタイプと、Ver2.0を設置。
P1050197
Ver2.0は、PWPの上に、
P1050198
ノーマルタイプは2次側に、ネットで包んで設置しました。
油汚れが心配なためと、燃焼室までの距離が長い為、多目の設置となりました。
P1050183
カバーを取り付けて完了です。
P1050196
こちらは装着前のマフラーです。
OILが燃えている為か、煤が積もっています。
P1050200
こちらは設置後のマフラーです。
水滴がいっぱい、玉になって転がってきます。
P1050179
こちらは装着前のタコメーターです。
P1050204
こちらは装着後、100rpm位下がりました。
良い反応が出たので、是非、燃費に繋げたい物です。

この度は施工させて頂き、ありがとうございました。m(__)m

|

« ホンダ・アクティに、増大くんを施工しました。 | トップページ | ミツビシ・ブラボーU41Vに、増大くんを設置しました。 »

増大くんMAX取り付け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035241/22219263

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ・アトレーS220Vに、増大くんを施工しました。:

« ホンダ・アクティに、増大くんを施工しました。 | トップページ | ミツビシ・ブラボーU41Vに、増大くんを設置しました。 »